Diary

服部さん、もうすぐ30周年ボックスセットが発売されるよ!

rui

先日、栗原類君のラジオに出演しました。インターFMで9月5日の夜に放送されるみたいです。

類君が1歳の時にコレクターズの10周年シングル「いいことあるさ」のビデオに出てもらいました。

あれから20年が過ぎたのかぁ。

1歳の赤ちゃんが181cmの好青年になってたよ。

時間が過ぎるのは早いな。

俺は相変わらず新譜の歌詞を書いて歌いれ真っ最中。

もう、毎日、自分でも何やってんだかわかんないくらい激務だよ。

9月はまたイベントがあるからね。

8月中にどこまで歌いれ出来たが勝負なんだよな。

やっとヒストリービデオも出来たし。

 

 

服部さん、今日は山の日。

image

ボックスセットのヒストリーDVDがようやくやっと完成!

見ごたえのある作品に仕上がりました。

そして、特典のスコアーブックも豪華ですよ。

お楽しみに!

服部さん、ミノホドシラズだって。

col1986

今回のNIKEのテーマは「身の程知らず」かぁ。

https://m.youtube.com/watch?v=WvvpKGVOf0Q

どこかのバンドが何年も前に「身の程知らずでいいじゃない♫」って歌ってたよなぁ。

遠慮しないで曲を使ってくれればいいのに。

 
ところで、コレクターズ史上最古の動画が発見されました。
 
1986年冬の「僕はコレクター」のプロモビデオ(ホームビデオで作った)!!!
 
お宝映像なのでフルコーラスでBOXセットに入れようかな?どう???
 

服部さん、初めてのフジロックは午前11時40分スタート!

image

ホワイトステージのキャパは15000人。

午前中は人が集まらないと聞いたがいっぱいだった。

ステージがデカい分、音響も素晴らしかった。

さすが20年も続くフェスだと実感した。

集まってくれたファンの皆さん、コロムビアスタッフ、フジパシフィック映像部のみんな、クーリッシュを差し入れしてくれた上原社長。

ありがとう!

服部さん、「愛ある世界」30周年バージョンが発売されたよ。

ai

新譜のリハーサルから帰ってからじっくりと何度も聞いている。

参加してくれたシンガーの歌声に胸が熱くなる。

イラストを書いてくれた少年はどんな気持ちだろう?

いろんな想い出も蘇る。

ヒロトと初めて会った昔の新宿ロフトの景色や女性メンバーがいた頃のユニコーンとイベントに出た時の事とか。

吉井君とラジオをやってたりとか、フミヤ君の番組でコーナーを持たせてもらったりとか。

23年前の自分の歌声と今の歌声の差とかね。

自分は幸せ者だとこんなに感じた日はない。

この世界には愛はある。

そう思ったよ。

 

服部さん、今月末には後半のリズムレコーディング。

s_IMG_3829

今日は新曲書いてヒストリーDVD用の野音の音をミックス確認した。

レアな写真探して。

サードのマスターが全部揃わなくて凹む。

あるはずの写真も無い。

最近、あたふたしてるな。

俺。

外野の野次もスルーだ。

俺は刺激的な音楽を作る為に生きてるんだ。

いつだっていい歌を歌うんだよ。

沢山のコレクターズファンの為に!

服部さん、今、俺の人生で一番忙しい気がする。

s_IMG_3572

新曲書くのと同時に3rdアルバムのロンドンリミックスを確認して、BOXセットのデザインを確認して、ヒストリーDVDの編集を確認して。

そして、どれもまだ終わってない。

でもダイアリーくらいは書かないとね。

BOX用の30年分の写真を整理してたら2006年の台湾ライブの写真を発見!

謎なふたりだなぁ。

ANY DREAM WILL DO.

どんな夢もかなえて見せるのが大人の仕事だ。

完璧に終わらせなきゃ。

服部さん、ヒストリーDVDの撮影三昧ナウ!

image

今日は初期コレクターズのドラマーで幼なじみのリンゴ田巻に会いました。10年振りの再会です。

彼は待ち合わせした駅にTHE BIKEのTシャツを着て現れました。

初めて出会った頃の話。ビートルズを夢中で聞いていた中学高校時代の話。バンドを始めた頃の話。デビューした時の話。そして、バンドを辞めた時の話と俺への想い。

正直、知らない話もあった。25年経って分かった事もあった。

彼の笑顔に泣かされた1日でした。

服部さん、コレクターズは止まらない!

Col Quattro

トライセラとやった日曜日のクアトロは満員御礼!!!

サポートドラムでの2度目のステージ。

緊張しなかったと言えばウソになる。

でも、アンコールが終わってからも鳴りやまない拍手に感涙。

コレクターズは止まらない。

そして、必ず俺たちのファンを連れていく。

俺が思い描いたロックンロールファンタジーの世界へ。